2021/10/17 更新

写真a

モリ ユウコ
森 悠子
MORI Yuko
所属
学芸学部 国際関係学科 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(経済学) ( 2012年3月   一橋大学 )

  • 経済学 ( 2007年3月   一橋大学 )

研究キーワード

  • 労働経済学

  • 応用計量経済学

  • 政治経済学

  • インド

  • 開発経済学

研究分野

  • 人文・社会 / 経済政策  / 開発経済学

経歴

  • 津田塾大学   学芸学部 国際関係学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 流通経済大学   経済学部   准教授

    2016年4月 - 2017年3月

  • 流通経済大学   経済学部   講師

    2015年4月 - 2016年3月

 

論文

  • Estimating the Effects of the Minimum Wage Using the Introduction of Indexation 査読

    Daiji Kawaguchi, Yuko Mori

    Journal of Economic Behavior and Organization   2021年2月

  • Economic Consequences of Employment Quota System for Disabled People: Evidence from a Regression Discontinuity Design in Japan 査読

    Yuko Mori, Norihito Sakamoto

    Journal of the Japanese and International Economies   48   1 - 14   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 雇用保険制度と失業行動

    森悠子、横山泉

    統計   26 - 33   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Why has wage inequality evolved so differently between Japan and the US? The role of the supply of college-educated workers 査読

    Daiji Kawaguchi, Yuko Mori

    Economics and Education Review   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Does Political Reservation Affect Voting Behavior? Empirical Evidence from India 査読

    Yuko Mori, Takashi Kurosaki

    Economic and Political Weekly   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Voter Turnout and the Principle of "One Person, One Vote": Empirical Evidence from the Constituency Freeze in India 査読

    Yuko Mori

    Applied Economics   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aid Proliferation and Economic Growth: A Cross-Country Analysis 査読

    Hidemi Kimura, Yuko Mori, Yasuyuki Sawada

    World Development   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 留保議席制度と投票行動ーインドにおける実証分析ー 査読

    森悠子

    アジア経済   52 ( 9 )   33 - 54   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 異なる民主制における社会的分断と再分配 査読

    森悠子

    国際開発研究   20 ( 1 )   31 - 42   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • IS MINIMUM WAGE AN EFFECTIVE ANTI-POVERTY POLICY IN JAPAN? 査読

    Daih Kawaguchi, Yuko Mori

    PACIFIC ECONOMIC REVIEW   14 ( 4 )   532 - 554   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    This paper considers whether the minimum wage is a well-targeted antipoverty policy by examining the backgrounds of minimum-wage workers. Whether raising the minimum wage reduces employment for unskilled workers is also investigated. An examination of micro data from a large-scale government household survey, the Employment Structure Survey (Shugyo Kozo Kihon Chosa), reveals that approximately half of minimum-wage workers belong to households with annual incomes of more than 5 million yen as a non-head of household. A regression analysis indicates that an increase in the minimum wage moderately reduces the employment of male teenagers and middle-aged married women, while it encourages the employment of high-school age youth.

    DOI: 10.1111/j.1468-0106.2009.00467.x

    その他リンク: https://gateway.webofknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?GWVersion=2&SrcAuth=JSTA_CEL&SrcApp=J_Gate_JST&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000271976000005&DestApp=WOS_CPL

  • 最低賃金労働者の属性と最低賃金引き上げの雇用への影響

    川口大司、森悠子

    日本労働研究雑誌   ( 593 )   41 - 54   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 日本の労働市場: 経済学者の視点本

    坂本徳仁、森悠子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第8章)

    有斐閣  2017年 

  • グローバル化のなかのインド「州」政治~開発・環境・暴力をめぐる全28州の比較分析~ (2012年度科学研究費補助金(基盤研究(A)海外調査 最終報告書)

    森悠子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「留保議席制度が政治競争および投票行動に与えた長期的効果」)

    2017年 

     詳細を見る

    著書種別:調査報告書

  • 激動のインド 第五巻 暮らしの変化

    栗田匡相 , 森悠子 , 和田一哉( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第四章 生活インフラの普及)

    日本経済評論社  2015年 

  • 応用ミクロ計量経済学2

    森悠子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第十一章 インドの選挙と投票行動に関する計量分析)

    日本評論社  2014年 

  • 最低賃金改革:日本の働き方をいかに変えるか

    川口 大司 , 森 悠子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第二章 最低賃金と若年雇用:2007年最低賃金法改正の影響)

    日本評論社  2013年 

MISC

  • 最低賃金1000円の是非(下)若年男性の雇用に負の効果 招待

    森悠子

    日本経済新聞   2019年9月

  • 賃金格差を考える:大卒・高卒間の拡大緩やか 招待

    川口大司、森悠子

    日本経済新聞   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 書評:近藤則夫『現代インド政治-多様性の中の民主主義』 招待

    森悠子

    アジア研究   62 ( 1 )   31 - 35   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • Does Political Reservation Affect Voter Turnout?

    The Hindu,   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 2010年3月実施のアンケート調査の分析結果について

    坂本徳仁、森悠子

    全国難聴児を持つ親の会季刊誌『べる』   ( 150 )   16 - 23   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 最低賃金は日本において有効な政策か?

    川口大司、森悠子

    ( 27 )   30 - 33   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • The Impact of the 2007 Minimum Wage Reform on Youth Employment in Japan

    10th Biennial Pacific Rim Conference, Keio University  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • What is the Effect of Political Reservation on Political Competition 招待

    Seminar at Indian Statistical Institute, Bangalore, India  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Does Political Reservation Affect Voting Behavior? Empirical Evidence from India 招待

    Seminar at Indian Institute of Technology, Guwahati, India  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Trends in Returns to Education: Transpacific Perspective, 1986-2008

    Hitotsubashi Economic Development Workshop  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Estimating the effects of the minimum wage using the introduction of indexation

    Yuko Mori

    Empirical Microeconomics Workshop: 4th CREPE conference on program evaluation  2019年9月26日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 留保議席制度と投票行動-インドにおける実証分析-

    森悠子

    国際開発学会  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Does Political Reservation Affect Voting Behavior?

    2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 選挙区の規模と投票率-インドにおける選挙区固定の影響-

    森悠子

    国際開発学会  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Does Political Reservation Affect Voting Behavior? Empirical Evidence from India

    2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Does Political Reservation Affect Voting Behavior? Empirical Evidence from India

    7th Annual Conference on Economic Growth and Development, Indian Statistical Institute in Delhi  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Inequality in Population Size and Voter Turnout: Empirical Evidence from the Constituency Freeze in India

    Political Economy of Institutions and Expectations III, Waseda University  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 留保議席制度と投票行動-インドにおける実証分析-

    森悠子

    現代インド地域研究(RINDAS/TINDAS)第一回政治経済研究会  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Voter Turnout and the Principle “One Person, One Vote”: Empirical Evidence from the Constituency Freeze in India

    2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 多元的社会における民主主義-インドの選挙と投票行動に関する実証分析-

    森悠子

    応用ミクロ計量研究集会  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 留保議席制度と投票行動-インドにおける実証分析-

    森悠子

    第五回応用計量経済学コンファレンス  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Economic Consequences of Employment Quota System for Disabled People: Evidence from a Regression Discontinuity Design in Japan

    2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Do Political Parties Affect State Policy in India?,

    2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Trends in Returns to Education: Transpacific Perspective, 1986-2008

    2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 最低賃金と雇用-2007年最低賃金法改正の影響-

    森悠子

    労働市場制度改革PJワークショップ  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Does Political Reservation Affect Voting Behavior? Empirical Evidence from India

    2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Women Leadership Governance and Allocation of Public Goods in India

    Yuko Mori

    Japanese Economic Association 2021 Autumn Meeting  2021年10月9日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparative Analysis of Life Satisfaction, Equivalent Income Indices, and Alkire-Foster Multi-dimensional Poverty Index: Empirical Results from India

    The 1 st Japanese Association for Development Economics (JADE) Conference  2019年8月2日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Information, Overconfidence, and Ideology in Indian Elections 招待

    Workshop on Armed Conflict and Political Economy of Development  2019年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Voter Turnout of Women: Evidence from Long-Term Panel Data of Assembly Elections

    International Seminar on Assessing Citizen Participation and Voices in the Era of Democratic Decentralization in Indian States: Interdisciplinary Approaches  2019年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Minimum Wage Effects on Employment of Low-skilled Workers 招待

    Small seminar at Asian Development Bank Institute  2018年11月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Information, Overconfidence, and Ideology in Indian Elections

    The seminar on Twenty five years of decentralised governance in India: Status, Issues and the Way Forward  2018年8月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangalore, India  

  • Information, Overconfidence, and Ideology in Indian Elections

    HIAS Hitotsubashi Summer Institute  2018年8月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本の障がい者雇用制度の経済分析 招待

    森悠子

    共同利用共同研究拠点プロジェクト「民間給与実態調査」研究会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Electoral Quota System and Political Competition: Empirical Evidence from Assembly Election in India

    Human Development Capability Association  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Economic Consequences of Employment Quota System for Disabled People: Evidence from a Regression Discontinuity Design in Japan

    2014年11月 

▼全件表示

受賞

  • 第九回応用計量経済学コンファレンス『最優秀論文賞』

    2014年  

  • 日本学生支援機構第一種奨学金(博士後期課程)、特に優れた業績による返還免除

    2009年  

  • 日本学生支援機構第一種奨学金(修士課程)、特に優れた業績による返還免除

    2007年  

共同研究・競争的資金等の研究

  • 分権的発展の効果と潜在力:インド29州の比較分析を通じた民主主義的安定のかたち

    研究課題/領域番号:17H01636 

    吉田 修

      詳細を見る

    配分額:42250000円 ( 直接経費:32500000円 、 間接経費:9750000円 )

    6月に第一回の研究会・打合せ会を神戸女学院で開催し、年間スケジュールのほか、ウェブサイト開設の準備ができたので、メンバーが担当部分を埋めていくこと、その際に公開の程度については確認をしたうえで行うこと(研究対象が秘匿を必要とする場合等が存在する)等を定めた。また、年度中にインド・バンガロールの社会変化研究所(ISEC)での2回目の国際セミナーを行うこと、本科研の前身科研の最後に行ったISECでの国際セミナーをベースとした出版を進めていくことを再確認した。また、研究はメンバーに研究費を均等に配分して各自のイニシアチブで進めていくスタイルを継続した。
    1月にISECでの国際セミナーの準備のための研究会を津田塾大学で実施、3月にISECで2度目の国際セミナーを実施して、翌日に今後の研究協力について協議した。この中では、今後、インド国内での調査等が行いやすくなるよう、インド側の研究者との間で研究分野・対象に関する情報を交換し、共同研究を実質化する体制を整えることに合意した。同様の合意は、その後に研究代表者が訪問したパンジャーブ大学においても行われた。
    出版については、国際セミナーののちの協議で速やかに進めていくことで合意し、具体的な工程表を作成した。
    昨年度は広島大学で国際セミナーを実施し、インドのみならずフィリピンやインドネシアから研究者や実務家を招いたが、今年度は予定通りISECで第2回目となる国際セミナーを開催した。この国際セミナーでは、研究成果をISECが発行するジャーナルに掲載するという方向での合意ができたほか、日本側研究者とインド側研究者をマッチングさせて実質を伴う共同研究を進めていこうとする合意もでき、今後の研究の進展にとって大きな突破口となるものである。社会科学研究における国際共同研究のあり方を差し示すものとなれるよう、さらなる精進がメンバーには期待される。
    国際共同研究の方向性についての具体的な指針ができたので、今後はこの指針に基づいて、日本側、インド側研究者の研究情報の交換などを進め、具体的な共同研究を推進していきたい。特にISECとパンジャーブ大学では具体的なカウンターパートがおり、それらを拠点として共同研究を進めることで、「州政治研究」という本科研の新機軸がより幅広く共有される状況を作っていきたい。

  • 民主制下における情報伝達・利害調整・政治参加の効果の検証

    研究課題/領域番号:19H01489 

    森 悠子

      詳細を見る

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    本研究は、様々な差別や貧富の格差の著しいインドを分析対象として、①情報の伝達手段や内容が投票行動に与える影響、②贈収賄の起こりやすさ、③女性議員の議席割当制度の効果、④地方分権改革の効果、の4つの研究課題を遂行する。本研究は、情報伝達や意思疎通が真実に基づいた適切なものになるための条件は何か、地方分権化や議席割当制度などの広範な政治参加の促進を目的とした改革の帰結は何か、といった問題に一定の回答を与え、多元的な社会における民主制の利害調整機能と機能不全のメカニズムを解明し、よりよい統治のための改善策を提示することが目的である。
    本研究は、民族・宗教・カースト・性別に基づく差別や貧富の格差の著しい民主主義国家インドを分析対象として、①情報の伝達手段や内容が投票行動に与える影響の検証、②贈収賄の起こりやすさの検証、③女性議員の議席割当制度の効果の検証、④地方分権改革の効果の検証、の4つの研究課題を遂行することを目的としている。これらの課題に関連して、2019年度は、地方議会における女性に対する議席割り当ての効果の検証、スマートフォンのアプリを通じた汚職に関するオンライン実験、という主に2つの研究を実施した。
    一つ目の研究は、インドバンガロールにあるInstitute for Social and Economic Change (ISEC)との共同研究である。2019年7月に事前準備としてISECを訪れ、政府機関や村議会でインタビューを通じて制度や現状の把握を行った。そのうえで、質問票および調査計画をたてて、2019年12月から2020年2月にかけて、50村議会、1000人への1回目のインタビュー調査を行った。2回目の調査はKarnataka州における村議会選挙実施後の2020年度5月ごろを計画している(ただし、2020年4月現在、COVID-19の感染拡大にともない調査も選挙も延期)。
    二つ目の研究は、本研究グループで独自に開発した汚職ニュース配信アプリをGoogle Playなどを通じてインドで配布し、アプリを通じた汚職に関するニュース配信および掲示板を通じた意見の交換が人々の倫理観に与える影響の検証を試みたものである。本研究については、インドの調査会社に謝金などの支払いを委託し、2020年2月から3月にアプリの公開を実施した。2020年度に統計的な分析を進める予定である。
    以上の研究については、いずれも2020年度にデータの整理、分析を予定している。この他、関連する研究について国内外の学会での発表を行った。
    当初予定していた2つの大きな研究計画について実施することができたため。
    2020年度は、地方議会選挙の研究について地方議会選挙後に2回目の調査を実施すること、汚職に関するアプリ実験について統計的に分析すること、2021年度に実施する調査の準備を進めること、の3点について計画している。ただし、新型コロナウイルスの状況によっては、本研究グループがインドに渡航することが難しい状況が想定される。最悪の場合は、インドで都市封鎖が長引けば、インドでの調査も実施不可能となるかもしれない。その場合は、早い段階でオンライン調査などの代替手段を検討する。