2020/08/28 更新

写真a

タガ ヨシタカ
多賀 吉隆
TAGA Yoshitaka
所属
学芸学部 国際関係学科 教授
職名
教授

学位

  • 学術修士 ( 1988年3月   東京大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 言語学

経歴

  • 津田塾大学   学芸学部 国際関係学科   教授

    2015年10月 - 現在

  • 津田塾大学   学芸学部 国際関係学科   准教授

    2006年4月 - 2015年9月

  • 津田塾大学   学芸学部 国際関係学科   講師

    1997年4月 - 2006年3月

所属学協会

  • 社会言語科学会

    1998年1月 - 現在

  • 日本フランス語フランス文学会

    1995年7月 - 現在

  • 日本フランス語学会

    1994年6月 - 現在

  • 日本ロマンス語学会

    1993年12月 - 現在

委員歴

  • 日本ロマンス語学会   会計監査  

    2013年5月 - 2015年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文

  • 借用された異形態性はどこまで音韻論的か

    多賀 吉隆

    津田塾大学紀要   ( 49 )   47 - 57   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Microsoft Word で文献管理: 多言語化ソフトウェアを再地域化する徒労

    多賀吉隆

    津田塾大学国際関係研究所報   ( 49 )   8 - 15   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • オック語における複合語地名の形容詞化

    多賀 吉隆

    津田塾大学紀要   ( 46 )   189 - 204   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • オック語における名詞形容詞複合語の分類

    多賀 吉隆

    津田塾大学紀要   ( 45 )   169 - 182   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 動詞・名詞型複合語の形成に関係するフランス語の音韻論的な制約 査読

    多賀 吉隆

    ロマンス語研究   ( 45 )   75 - 80   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • オック語における外心的動詞名詞複合語

    多賀 吉隆

    津田塾大学紀要   ( 43 )   151 - 165   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • オキシタニーとは何か: 言語は地域を決められるか

    多賀 吉隆

    「国際化」する地域研究   104 - 116   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Leys d'Amors におけるオック語動詞の活用について

    多賀 吉隆

    津田塾大学紀要   ( 41 )   195 - 206   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • オック語における学問語の差異化について

    多賀吉隆

    津田塾大学紀要   ( 40 )   171 - 182   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • オック語の語末の-iについて

    多賀吉隆

    津田塾大学紀要   ( 39 )   37 - 49   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • オック語の接頭辞による動詞派生について 査読

    多賀吉隆

    津田塾大学紀要   ( 38 )   155 - 168   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • オック語におけるコーダ条件による子音の半母音化 査読

    多賀吉隆

    ロマンス語研究   ( 36 )   67 - 75   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • オック語の広い e, o のワレについて 査読

    多賀 吉隆

    ロマンス語研究   ( 31 )   40 - 47   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • オック語・フランス語の接尾辞 -aticum > -atge/-age の硬口蓋音の成立過程 査読

    多賀 吉隆

    ロマンス語研究   ( 30 )   35 - 40   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 接尾辞 -age の語中音消失による説明 査読

    多賀吉隆

    フランス語フランス文学研究   ( 69 )   85 - 93   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • オック語の子音起原の二重母音について 査読

    多賀 吉隆

    ロマンス語研究   ( 23 )   43 - 50   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • オック語におけるプロパロキシトンの解消について 査読

    多賀 吉隆

    ロマンス語研究   ( 28 )   77 - 86   1995年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 動詞・名詞型複合語の形成に関係するフランス語の音韻論的な制約

    多賀吉隆

    日本ロマンス語学会第49回大会  日本ロマンス語学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月4日 - 2111年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市外国語大学  

  • オック語におけるコーダ条件による子音の半母音化

    多賀吉隆

    日本ロマンス語学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月18日 - 2002年5月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)