2023/07/09 更新

写真a

イハラ シュン
井原 駿
IHARA Shun
所属
学芸学部 英語英文学科 講師
職名
講師

研究キーワード

  • 言語学

  • 語用論

  • 意味論

研究分野

  • 人文・社会 / 言語学  / 意味論 / 語用論 / 統語論

学歴

  • 大阪大学   Graduate School of Language and Culture  

    2015年4月 - 2020年3月

経歴

  • 津田塾大学   学芸学部 英語英文学科   専任講師

    2023年4月 - 現在

  • 神戸大学   大学院国際文化学研究科   助教

    2020年10月 - 2023年3月

  • 独立行政法人日本学術振興会   Postdoctoral Fellow (PD)

    2020年4月 - 2020年9月

  • 独立行政法人日本学術振興会   特別研究員 (DC1)

    2017年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    備考:受入研究機関 大阪大学大学院言語文化研究

所属学協会

  • アメリカ言語学会

  • 日本英語学会

  • 日本言語学会

  • 日本語用論学会

  • 言語処理学会

  • 関西言語学会

▼全件表示

 

論文

  • The Duality of Negative Attitudes in Japanese Conditionals 査読

    Shun Ihara, Yuta Tatsumi

    New Frontiers in Artificial Intelligence (Lecture Notes in Computer Science/Artificial Intelligence (LNCS/LNAI) ) JSAI-isAI International Workshops, JURISIN, AI-Biz, LENLS, Kansei-AI 2022   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The global licensing of Japanese expletive negation

    Shun Ihara

    Proceedings of the 13th Generative Linguistics in the Old World in Asia (GLOW in Asia XIII) 2022 Online Special   114 - 129   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Two strategies for being ‘at least’: Japanese "sukunakutomo" and English "at least" 査読

    Kenta Mizutani, Shun Ihara

    Japanese/Korean Linguistics (online)   29   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Division of Labor between Semantics and Pragmatics of Canonical and Non-canonical Imperatives 査読

    Shun Ihara

    言語研究   ( 160 )   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ⽇英語における命令⽂の特性と意味制約

    井原 駿

    国際文化学研究   56   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Decomposing the Japanese deontic modal "hoo-ga ii" 査読

    Kenta Mizutani, Shun Ihara

    Japanese/Korean Linguistics, CSLI Publications   28   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • From subjunctive alternatives to unconditionals and imperatives 査読

    Shun Ihara

    Japanese/Korean Linguistics, CSLI Publications.   28   195 - 210   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Superlative modifiers as concessive conditionals 査読

    Ihara, Shun, Kenta Mizutani

    New Frontiers in Artificial Intelligence. JSAI-isAI International Workshops, JURISIN, AI-Biz, LENLS, Kansei-AI.   66 - 81   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-79942-7_5

  • Rhetorical imperatives: expressing anti-preferences 査読

    Shun Ihara, Mana Asano

    Sinn und Bedeutung   24 ( 1 )   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • What do superlative modifiers encode and do not, at least? 査読

    Shun Ihara

    Theoretical Approach to Natural Language   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Decomposing Directive Strategies 査読

    井原駿

    2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Hurford Conditionals in Japanese 査読

    井原 駿, 水谷謙太

    Japanese/Korean Linguistics   27   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • What sluicing tells us about imperatives 査読

    野口雄矢, 井原 駿

    Japanese/Korean Linguistics   27   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Ensuring Inquisitiveness with Repetitive Presuppositions: Remind-Me Questions in Japanese 査読

    IHARA Shun

    KLS Selected Papers 2: Selected Papers from the 44rd Meeting of the Kansai Linguistic Society   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 自然言語への理論的アプローチ

    大阪大学大学院言語文化研究科, 井原 駿, 大谷 修樹, 越智 正男, 田儀 勇樹, 張 雨辰, 野口 雄矢, 三藤 博 , 宮本 陽一, 由本 陽子

    大阪大学大学院言語文化研究科  2020年 

     詳細を見る

MISC

  • White lieをつく過程における心理・生理的ストレス

    渡邊 志保, 井原 駿, 田中 秀樹, 古谷 真樹

    第41回日本生理心理学会 (JSPP2023) 予稿集   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 最上級修飾語の QUD-sensitivity: 新グライス派と構造理論によるアプローチ

    井原 駿, 水谷 謙太

    日本言語学会第164回大会予稿集   149 - 155   2022年6月

  • 意味論・語用論的な分析が求められる言語現象とは何か

    水谷謙太, 井原駿, 平山裕人

    JELS 37: Papers from the 37th Conference of the English Linguistics Society of Japan. ワークショップ報告書   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

講演・口頭発表等

  • On the peculiar distribution of the Japanese epistemic adverb 'masaka'

    Yuto Hirayama, Shun Ihara, Ryoichiro Kobayashi

    Sinn und Bedeutung 28 (SuB28)  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月5日 - 2023年9月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • White lieをつく過程における心理・生理的ストレス

    渡邊 志保, 井原 駿, 田中 秀樹, 古谷 真樹

    第41回日本生理心理学会 (JSPP2023)  2023年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月20日 - 2023年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • The discourse move of exclamatives revisited: a view from Japanese

    Shun Ihara, Katsumasa Ito

    International Semantics Conference 2022 (InSemantiC 2022)  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 最上級修飾語のQUD-sensitivity: 新グライス派と構造理論によるアプローチ

    井原 駿, 水谷 謙太

    日本言語学会第164回大会  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Pragmatic licensing of Japanese expletive negation 招待

    Shun Ihara

    科研ワークショップ「否定・極性・コトの諸相」 Zoom開催(主催:名古屋学院大学)  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • The Duality of Negative Attitudes in Conditionals

    Shun Ihara, Yuta Tatsumi

    Logic and Engineering of Natural Language Semantics 18 (LENLS18)  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Two strategies for being "at least": English at least Japanese sukunakutomo

    Kenta Mizutani, Shun Ihara

    J/K29  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Resolving teleological QuDs with/without discourse particles and vocatives

    Shun Ihara

    Sinn und Bedeutung 26 (SuB26)  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月8日 - 2021年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Obligatory implicatures in discourse particles: A case of yo 招待

    Shun Ihara

    東海・関西意味論研究会 (Semantics Workshop in Tokai and Kansai)  2021年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月18日 - 2021年2月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 日本語命令文の意味構造とそのバリエーション 招待

    井原 駿

    立命館大学実践的理論言語学研究会  2020年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • A typology of semantic structures of Japanese imperatives 招待

    Shun Ihara

    Comparative Syntax, Semantics, and Language Acquisition #1  2023年5月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Decomposing the Japanese Deontic Modal "hoo-ga ii"

    Kenta Mizutani, Shun Ihara

    The 28th Japanese/Korean Linguistics Conference (JK28)  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Exploring the discourse move of exclamatives

    Shun Ihara, Katsumasa Ito

    Evidence-based Linguistics Workshop 2022  2022年9月5日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • From subjunctive alternatives to unconditionals and imperatives

    Shun Ihara

    The 28th Japanese/Korean Linguistics Conference (JK28)  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Licensing of Minimizer PPIs under Negation

    Shun Ihara, Stephanie Solt, Kenta Mizutani, Eri Tanaka

    DegPol2020 (Workshop on Degree Expressions and Polarity Effects)  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Superlative modifiers as concessive conditionals

    Shun Ihara, Kenta Mizutani

    Logic and Engineering of Natural Language Semantics 17 (LENLS17)  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自然言語による義務と認識の表出ーモダリティ表現の意味論・語用論研究の現在ー 招待

    井原 駿

    国際文化学研究推進センター (Promis) 新任教員セミナー  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • The global licensing of Japanese expletive negation

    Shun Ihara

    GLOW in Asia XIII 2022 Online Special  2022年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 自然言語における感嘆文の形式意味論的研究

    2023年06月 - 2024年03月

    津田塾大学女性研究者支援センター  研究スタートアップ支援事業 

    井原 駿

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 自然言語における発話行為の意味論に対する形式的アプローチ

    2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業(若手研究)  若手研究

    井原駿

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 日本語発話行為の統合的記述とその処理システムの構築

    2020年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 言語の意味論的研究の教育への応用と関西地域における意味論研究の拠点形成

    2020年 - 2021年03月

    立命館大学  萌芽的プロジェクト研究助成プログラム 

    藏藤健雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 言語と論理的思考の発達に関する研究

    2018年04月 - 2021年03月

    大阪大学  国際共同研究促進プログラム 

    宮本 陽一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 組み合わせ範疇文法 (CCG) を用いた日本語発話形式処理システムの構築

    2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費 

    井原 駿

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示