2021/07/16 更新

写真a

コニシ ユキコ
小西 由紀子
KONISHI Yukiko
所属
学芸学部 数学科 教授
職名
教授

研究キーワード

  • ミラー対称性

  • フロベニウス構造

研究分野

  • 自然科学一般 / 代数学

経歴

  • 津田塾大学   学芸学部 数学科   教授

    2018年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本数学会

    2005年4月 - 現在

委員歴

  • 日本数学会   理事  

    2021年6月 - 現在   

 

論文

  • Almost duality for Saito structure and complex reflection groups II: the case of Coxeter and Shephard groups 査読 国際誌

    Yukiko Konishi, Satoshi MInabe

    Pure and Applied Mathematics Quarterly   16 ( 3 )   721 - 754   2020年11月

  • Mixed Frobenius structure and the local A-model 査読

    Yukiko Konishi, Satoshi Minabe

    Kyoto Journal of Mathematics   60 ( 3 )   997 - 1032   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Duke University Press  

    DOI: 10.1215/21562261-2019-0053

  • Almost duality for Saito structure and complex reflection groups 査読

    Yukiko Konishi, Satoshi Minabe, Yuuki Shiraishi

    Journal of Integrable Systems   3 ( 120 )   xyy003   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mixed Frobenius structure and local quantum cohomology 査読

    Yukiko Konishi, Satoshi Minabe

    Publ. Res. Inst. Math. Sci.   52 ( 1 )   43 - 62   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Local B-model and Mixed Hodge Structure 査読

    Yukiko Konishi, Satoshi Minabe

    Adv. Theor. Math. Phys.   14 ( 4 )   1089 - 1145   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Local Gromov-Witten invariants of cubic surfaces via nef toric degeneration 査読

    Yukiko Konishi, Satoshi Minabe

    Ark. Mat.   47 ( 2 )   345 - 360   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Higher genus Gromov-Witten invariants of the Grassmannian, and the Pfaffian Calabi-Yau threefolds 査読

    Shinobu Hosono, Yukiko Konishi

    Adv. Theor. Math. Phys.   13 ( 2 )   463 - 495   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Flop invariance of the topological vertex 査読

    Yukiko Konishi, Satoshi Minabe

    Internat. J. Math.   19 ( 1 )   27 - 45   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • On solutions to Walcher's extended holomorphic anomaly equation 査読

    Yukiko Konishi, Satoshi Minabe

    Comm. Num. Theor. Phys.   1 ( 3 )   579 - 603   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jacobian variety and integrable system - after Mumford, Beauville and Vanhaecke 査読

    Rei Inoue, Yukiko Konishi, Takao Yamazaki

    J. Geom. Phys.   57 ( 3 )   815 - 831   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Multi-Hamiltonian structures on Beauville's integrable system and its variant 査読

    Rei Inoue, Yukiko Konishi

    SIGMA   3   007   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: https://www.emis.de/journals/SIGMA/2007/

  • Integrality of Gopakumar-Vafa Invariants of Toric Calabi-Yau Threefolds 査読

    Yukiko Konishi

    Publ. RIMS, Kyoto Univ.   42 ( 2 )   605 - 648   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pole Structure of Topological String Free Energy 査読

    Yukiko Konishi

    Publ. RIMS, Kyoto Univ.   42 ( 1 )   173 - 219   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Asymptotic Form of Gopakumar-Vafa Invariants from Instanton Counting 査読

    Yukiko Konishi, Kazuhiro Sakai

    Nucl. Phys. B   682 ( 1-2 )   465 - 483   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Geometric Engineering of Seiberg-Witten Theories with Massive Hypermultiplets 査読

    Michihiro Naka, Yukiko Konishi

    Nucl. Phys. B   674 ( 1-2 )   3 - 36   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Coset Construction of Spin(7), G2 Gravitational Instantons 査読

    Michihiro Naka, Yukiko Konishi

    Class. Quant. Grav.   18 ( 24 )   5521 - 5544   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 齋藤構造の概双対性と複素鏡映群への応用

    小西由紀子

    不変式・超平面配置と平坦構造  吉永正彦, 高橋篤史

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月9日 - 2017年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

  • 齋藤構造の双対性と複素鏡映群への応用

    小西由紀子

    第4回K3曲面・エンリケス曲面ワークショップ  齋藤幸子

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道教育大学  

  • Almost duality for Saito structure and its application to complex reflection groups

    Yukiko Konishi

    Quantization of Spectral Curves   Yoshihiro Ohnita, Masato Okado, Motohico Mulase

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月2日 - 2015年11月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

  • Local Quantum cohomology and Mixed Frobenius Structure

    Yukiko Konishi

    Bridgeland stability and Birational geometry  Daisuke Matsushita

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月16日 - 2014年6月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:RIMS, Kyoto Univ.  

  • Local B-model and Mixed Hodge Structure

    Yukiko Konishi

    代数幾何学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月26日 - 2010年10月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:兵庫県立城崎大会議館  

  • Local B-model and Mixed Hodge Structure

    Yukiko Konishi

    International Conference on Symplectic Geometry and Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nankai Univ. China  

  • Local B-model and Mixed Hodge Structure

    Yukiko Konishi

    Mirror Symmetry and Gromov-Witten invariants 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:NIMS, Korea  

  • On Soutions to Walcher's Extended Holomorphic Anomaly Equation

    Yukiko Konishi

    Mini-workshop on Mirror Symmetry  秦泉寺雅夫

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

  • Local Gromov-Witten invariants of cubic surfaces via toric degenerations

    Yukiko Konishi

    MSJ-IHES joint Workshop on ``Noncommutativity'' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:IHES, France  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 周期の理論と双有理幾何学の融合,ミラー対称性研究の新時代

    研究課題/領域番号:16H06337 

    高橋 篤史

      詳細を見る

    配分額:103870000円 ( 直接経費:79900000円 、 間接経費:23970000円 )

    代表者高橋は協力者荒牧と,鎖型可逆多項式に付随する極大次数付き行列因子化の圏に対してLefschetz型完全例外列を構成した.約40年進展がなかった古典的重要問題への貢献となる成果である.
    分担者藤野は高次元代数多様体の特異点の研究を行い,擬対数的標準対はDu Bois特異点しか持たないという決定的な結果を得た.また,高次元安定多様体のモジュライ空間の射影性に関する決定的な結果が,Ann. of Math.という最も権威ある雑誌の一つに掲載された.分担者入谷はトロピカル幾何を使って代数多様体の周期の漸近挙動を調べ,ゼータ函数の特殊値とガンマ予想に関する研究を行った.分担者小西はDuality groupsと呼ばれるクラスに対して,自然な齋藤構造とヘシアン写像から定まるものとの関係を調べ,すべてのCoxeter群と一部のShephard 群で一致を示した.分担者安田はFabio Toniniと有限群に対する形式トーサーのモジュライ空間の研究を行い,従来より一般的な群に対しモジュライ空間を構成した.この成果は野性マッカイ対応を通して正標数や混合標数の特異点研究への応用が期待される.分担者大川は安定点つき曲線のモジュライスタックの非可換変形や非可換Hirzebruch曲面についての研究を行った.分担者岩木は,種数1のスペクトル曲線に対して位相的漸化式による量子化を行い,応用として位相的漸化式の分配関数の離散Fourier変換としてPainleve方程式のタウ函数が構成できることを示した.分担者神田は,海外共同研究者と楕円代数の族に関する研究を行い,特定の条件を満たす楕円代数の組に対する次数付き加群の圏同値を示した.
    これらの研究成果の多くはすでに論文としてまとめられ,現在雑誌に投稿中である.
    また,ミラー対称性・双有理幾何学に関する国際研究集会・国内研究集会等を開催し,最新の研究成果についての講演をもとに,参加者たちと活発な研究交流を行った.
    研究代表者・分担者のいずれも順調に個別・共同研究を進めることができており,研究成果を論文としてまとめ発表することができている.また,雇用した特任教員についても同様である.開催した国際研究集会や勉強会・セミナー等も非常に充実した内容であり,活発な研究交流がなされ,当該分野の進展に大きく貢献するものとなっている.
    研究計画が順調に進捗しているので,現在の体制・方法を継続する.