2022/05/02 更新

写真a

コジマ タカヒロ
小島 敬裕
KOJIMA Takahiro
所属
学芸学部 国際関係学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(地域研究) ( 2010年3月   京都大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 地域研究

経歴

  • 津田塾大学   学芸学部 国際関係学科   教授

    2020年4月 - 現在

  • 津田塾大学   学芸学部 国際関係学科   准教授

    2016年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • 「宗教と社会」学会

    2010年6月 - 現在

  • パーリ学仏教文化学会

    2009年5月 - 現在

  • 日本文化人類学会

    2003年5月 - 現在

  • 東南アジア学会

    2003年5月 - 現在

委員歴

  • 東南アジア学会   編集理事  

    2021年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 東南アジア学会   総務理事  

    2019年1月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 東南アジア学会   関東地区委員  

    2017年1月 - 2018年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 東南アジア学会   会計委員  

    2015年1月 - 2016年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 東南アジア学会   関西地区委員  

    2013年1月 - 2013年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文

  • Dari Teh ke Kuil & Teks: Transformasi Persinggungan Dataran Tinggi-Dataran Rendah di Perbatasan Tiongkok-Myanmar 招待 国際共著

    Kojima Takahiro and Nathan Badenoch

    Mario Ivan Lopez, Nathan Badenoch and Achmad Choirudin ed., Alam, & Masyarakat: Kajian Multudisiplin Asia Tenggara.Yogyakarta: INSIST Press   393 - 441   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:インドネシア語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • 現代ミャンマーにおけるLGBT権利擁護運動の展開と性的少数者の地位の変容

    小島敬裕

    東南アジアと「LGBT」の政治ー性的少数者をめぐって何が争われているのか   234 - 258   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • ミャンマーにおける戦争と中国国境周辺地域の変容ー少数民族タアーン(パラウン)の生存の技法

    小島敬裕

    東南アジア大陸部の戦争と地域住民の生存戦略―避難民・女性・少数民族・投降者からの視点   233 - 261   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Lay Experts Reciting Buddhist Texts in Contemporary Myanmar

    Takahiro Kojima

    Compilation of Papers Presented at the Consortium for Southeast Asian Studies in Asia Conference 2017 "Unity in Diversity: Transgressive Southeast Asia"   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 仏教をめぐる日本とミャンマーの関係ー戦前・戦後を中心に 招待

    小島敬裕

    仏教をめぐる日本とタイー修好130年の国と人の交流に未来を探る   85 - 90   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Mapping Theravada Buddhist Practices in Dehong, Yunnan, China 招待

    Kojima Takahiro

    Mapping Buddhist Cultures among Theravadin in Time and Space   161 - 177   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Script, Text, and Voice: Micro-Regional Connectedness in the Articulation of Palaung Buddhism in Northern Myanmar 招待 査読

    Takahiro Kojima

    Senri Ethnological Studies: Migration and the Remaking of Ethnic/Micro-Regional Connectedness   93   185 - 209   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Tai Buddhist Practices on the China-Myanmar Border 招待 査読

    Takahiro Kojima

    Myanmar's Mountain and Maritime Borderscapes: Local Practices, Boundary-making and Figured Worlds   369 - 387   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • ミャンマー上座仏教と日本人−戦前から戦後にかけての交流と断絶

    小島敬裕

    仏教をめぐる日本と東南アジア地域   43 - 64   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 山地民パラウンの越境と仏教実践の独自性ーミャンマー・シャン州ナムサン周辺地域の事例から 査読

    小島敬裕

    東南アジア研究   53 ( 1 )   9 - 43   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中国・ミャンマー国境地域における仏教実践の再構築ー文革後における徳宏タイ族の越境と地域に根ざす実践の動態 査読

    小島敬裕

    現代アジアの宗教ー社会主義を経た地域を読む   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • ミャンマーにおける仏教徒諸民族の在家説法師たち

    小島敬裕

    宗教実践における声と文字ー東南アジア地域からの展望   39 - 52   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 中国・ミャンマー国境地域における徳宏タイ族仏教徒の人生と姓名

    小島敬裕

    マテシス・ウニウェルサリス   16 ( 2 )   55 - 70   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ミャンマー・シャン州ナムサン周辺地域における山地民パラウンの移動と仏教実践の動態

    小島敬裕

    移動と宗教実践ー地域社会の動態に関する比較研究   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 災難と積徳行ー中国雲南省徳宏タイ族の事例から

    小島敬裕

    積徳行と社会文化動態に関する地域間比較研究ー東アジア・大陸部東南アジア地域を対象として   51 - 58   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 中国雲南省徳宏州における仏教徒社会のマッピング

    小島敬裕

    宗教実践を可視化するー大陸部東南アジア上座仏教徒の寺院と移動   59 - 68   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Tai Buddhist Practices and Cross-boundary Dynamics on the China-Myanmar Border

    Takahiro Kojima

    Asian Connections: Southeast Asian Model for Co-Existence in the 21st Century   129 - 136   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • From Tea to Temples and Texts: Transformation of Interfaces of Upland-Lowland Interaction on the China-Myanmar Border 査読

    Takahiro Kojima, Nathan Badenoch

    Southeast Asian Studies   2 ( 1 )   95 - 131   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中国雲南省徳宏州における功徳の観念と積徳行

    小島敬裕

    功徳の観念と積徳行の地域間比較研究   37 - 45   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Cross-boundary Dynamics and Local Buddhist Practices on the China-Myanmar Border: A Case of Tai Dehong, Yunnan

    Takahiro Kojima

    Asian CORE Workshop: Interface, negotiation, and interaction in Southeast Asia   95 - 102   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tai Buddhist Practices in Dehong Prefecture, Yunnan, China 査読

    Takahiro Kojima

    Southeast Asian Studies   1 ( 3 )   395 - 430   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中国雲南省徳宏州における上座仏教徒社会の時空間マッピングー地域に根ざした「教派」の実践を中心に

    小島敬裕

    聖なるもののマッピングー宗教からみた地域像の再構築に向けて   27 - 35   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 徳宏地域の実践仏教

    小島敬裕

    静と動の仏教ー新アジア仏教史04スリランカ・東南アジア   352 - 381   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 中国雲南省徳宏州におけるザウラーン・ザウザーイ・ヤーモットの宗教実践

    小島敬裕

    アジアにおけるシャーマニズムと社会変容   3 - 14   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 中国雲南省徳宏州における上座仏教ー戒律の解釈と実践をめぐって 査読

    小島敬裕

    パーリ学仏教文化学   ( 23 )   21 - 39   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 現代ミャンマーにおける仏教の制度化と<境域>の実践 査読

    小島敬裕

    <境域>の実践宗教ー大陸部東南アジア地域と宗教のトポロジー   67 - 130   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 東南アジア上座部仏教への招待

    和田理寛・小島敬裕・大坪加奈子・増原善之・下條尚志・杉本良男( 担当: 共著 ,  範囲: 45−53ページ、131−145ページ)

    風響社  2021年10月  ( ISBN:978-4-89489-304-7

     詳細を見る

    総ページ数:197ページ   担当ページ:24ページ   記述言語:日本語

  • 東南アジア大陸部の戦争と地域住民の生存戦略 : 避難民・女性・少数民族・投降者からの視点

    瀬戸 裕之, 河野 泰之, 岩井 美佐紀, 倉島 孝行, 佐藤 奈穂, 片岡 樹, 小島 敬裕, 大野 美紀子

    明石書店  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • 南伝上座仏教と現代

    伊東利勝,藤本晃,林行夫,小島敬裕( 担当: 共著 ,  範囲: 第3章 ミャンマーにおける「パラウン仏教」の創出とその実態について)

    愛知大学人文社会学研究所  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 上座仏教事典

    パーリ学仏教文化学会上座仏教事典編集委員会

    めこん  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 移動と宗教実践ー地域社会の動態に関する比較研究

    小島敬裕,島村一平,小西賢吾,兼重努,藤本透子,王柳蘭,秀村研二,徐亦猛,和崎聖日,矢野秀武,片岡樹( 担当: 編集)

    京都大学地域研究統合情報センター  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 国境と仏教実践ー中国・ミャンマー境域における上座仏教徒社会の民族誌

    小島敬裕( 担当: 単著)

    京都大学学術出版会  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ミャンマーを知るための60章

    田村克己・松田正彦編( 担当: 共著 ,  範囲: 188−192頁「僧伽と僧院ー在家と密接にかかわる『出家』」)

    明石書店  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 東南アジアがわかる教科書

    小島敬裕,飯國有佳子,池田一人,藏本龍介,水野敦子( 担当: 共著 ,  範囲: ミャンマー編のうち22−23頁「ミャンマーの文化」、24−25頁「ミャンマーの言語と教育」)

    アイ・イーシー  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 中国・ミャンマー国境地域の仏教実践ー徳宏タイ族の上座仏教と地域社会

    小島敬裕( 担当: 単著)

    風響社  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 映像にやどる宗教、宗教をうつす映像

    新井一寛,岩谷彩子,葛西賢太編( 担当: 共著 ,  範囲: 102−104頁「仏教実践のフィールドワークの現場から」)

    せりか書房  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 戦中・戦後における日本人とミャンマー人仏教徒の交流 招待

    小島敬裕

    宗教研究   94 ( 別冊 )   12 - 15   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Palaung orthographies: writing and the politics of ethnicity in Shan State

    Takahiro Kojima

    the Newsletter: Encouraging knowledge and enhancing the study of Asia   ( 75 )   38 - 38   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:International Institute for Asian Studies  

  • 仏教実践に見られる平地民と山地民の民族間関係ー中国・ミャンマー国境地域におけるタイ族とタアーン族の事例から

    小島敬裕

    フィールドプラス   ( 11 )   8 - 9   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  

  • ミャンマー初代首相ウー・ヌの亡命

    小島敬裕

    アジ研ワールド・トレンド   ( 209 )   24 - 27   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本貿易振興機構アジア経済研究所  

  • ミャンマーの人々の暮らしに根ざす仏教

    小島敬裕

    Cruise Traveller   ( 03 )   43   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:海人社  

  • 越境するカリスマ僧コーケー師

    小島敬裕

    京都大学地域研究統合情報センター・ニューズレター   ( ⒎ )   12   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:京都大学地域研究統合情報センター  

  • 中国と東南アジアの狭間で

    小島敬裕

    京都大学地域研究統合情報センター年報2010   13   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:京都大学地域研究統合情報センター  

  • ミャンマー連邦サンガ組織基本規則

    小島敬裕

    東南アジアー歴史と文化   ( 34 )   103 - 127   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:東南アジア史学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ミャンマーに生きる人々の暮らしと仏教 招待

    小島敬裕

    連続公開講座「世界の国々と仏教」  2021年7月3日  武蔵野大学仏教分化研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:武蔵野大学武蔵野キャンパス1号館1102教室  

  • 近現代日本の仏教―戦前・戦後のアジアにおける連続性と断絶 招待

    小島敬裕

    日本宗教学会第79回学術大会  日本宗教学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月18日 - 2020年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:駒沢大学駒沢キャンパス(オンライン開催)  

  • 国民党軍の「眷属」としての少数民族女性ー中国・ミャンマー国境地域から台湾への移動と生活の再構築

    小島敬裕

    中国と東南アジアにおける政治経済的変容と女性の移動  京都大学東南アジア地域研究研究所・共同研究会(IPCR)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学東南アジア地域研究研究所  

  • 北東インドにおけるシンポー族とタイ系民族の仏教実践

    小島敬裕

    2019年度アジア・アフリカ言語文化研究所言語研修(ジンポー語)文化講演  東京外国語大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  

  • 戦前・戦後における日本とミャンマーの仏教交流史

    小島敬裕

    龍谷大学世界仏教文化研究センター研究セミナー  龍谷大学世界仏教文化研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:龍谷大学大宮学舎  

  • ミャンマー最北端における宗教実践の動態

    小島敬裕

    境界からみるアジアー宗教の中心と周縁  東南アジア学会 北海道・東北地区 特別例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月6日 - 2018年10月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

  • 民主化後のミャンマーの現状と課題

    小島敬裕

    変貌する東南アジア世界  新潟国際情報大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:新潟国際情報大学エクステンションセンター  

  • ミャンマーにおける戦争と中国国境周辺地域の変容ー少数民族タアーンの生存の技法

    小島敬裕

    東南アジア大陸部における被戦争社会と地域住民  東南アジア学会2017年度第4回関東例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京外国語大学  

  • Lay Experts in Reciting Buddhist Texts in Contemporary Myanmar

    Takahiro Kojima

    Unity in Diversity: Transgressive Southeast Asia   Consortium for Southeast Asian Studies in Asia

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月16日 - 2017年12月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chulalongkorn University  

  • Local Villagers' Lives and the Endless Conflict in Myanmar: Cases of Ta'ang from Northern Shan State

    Takahiro Kojima

    Dynamic Borderlands: Livelihoods, Communities and Flows  Asian Borderlands Research Network

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月12日 - 2016年12月14日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Hotel Annapurna, Kathmandu, Nepal  

  • ミャンマーにおける「パラウン仏教」の創出とその実態について

    小島敬裕

    南伝上座仏教と現代  愛知大学人文社会学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:愛知大学豊橋キャンパス  

  • Mapping Theravada Buddhist Practices in Dehong, Yunnan, China

    Takahiro Kojima

    Mapping Buddhist Cultures among Theravadin in Time and Space  CIAS, CSEAS, Kyoto University and Poyal University of Fine Arts, Cambodia

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月23日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Conference Hall, Royal University of Fine Arts, Phnom Penh, Cambodia  

  • 現代ミャンマーにおける在家仏教徒の朗誦専門家たち

    小島敬裕

    東南アジア学会第95回研究大会  東南アジア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月4日 - 2016年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学豊中キャンパス  

  • Palaung Orthography Development: Writing and the Politics of Ethnicity in Shan State, Myanmar

    Takahiro Kojima

    Language, Power and Identity in Asia: Creating and Crossing Language Boundaries  International Institute for Asian Studies

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月14日 - 2016年3月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Leiden, Netherlands  

  • Tai Buddhist Practices and Cross-border Networks in the China-Myanmar Frontier

    Takahiro Kojima

    Southeast Asian Studies in Asia (SEASIA) 2015 Conference   Consortium for Southeast Asian Studies in Asia

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月12日 - 2015年12月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto International Conference Center  

  • Religious Networks of Tai Buddhists across the China-Myanmar Border

    Takahiro Kojima

    International Conference on Burma/Myanmar Studies. Burma/Myanmar in Transition: Connectivity, Changes and Challenges  Chiang Mai University

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月24日 - 2015年7月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiang Mai, Thailand  

  • ミャンマーにおける宗教と身分登録

    小島敬裕

    研究ワークショップ『エスニシティと身分登録:事例と討論』  獨協大学国際教養学部松岡ゼミ、エスニック・マイノリティ研究会、科研費「台湾原住民族可視化の影響の複雑性の解明」

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:獨協大学  

  • How the Palaung Buddhists Migrated and Created Their Own Religious Practices in Northern Myanmar

    Takahiro Kojima

    International Workshop on Migration and the Remaking of Ethnic/Micro-Regional Connectedness  JSPS KAKENHI Grant Number 24310181 and Kyoto University CIAS Joint Research Project "Migration and Religious Practices: Comparative Study on the Dynamism of Local Society"

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月5日 - 2014年12月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Museum of Ethnology, Kyoto University  

  • 国境地域におけるタイ族の宗教と姓名

    小島敬裕

    獨協大学創立50周年記念・国際シンポジウム『姓名とエスニシティ:東アジアの中の多様性』  獨協大学国際教養学部、エスニック・マイノリティ研究会、科研費「台湾原住民族可視化の影響の複雑性の解明」

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:獨協大学  

  • 周縁から再考する上座仏教徒社会モデル―中国・ミャンマー境域を事例として

    小島敬裕

    日本タイ学会第16回研究大会  日本タイ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月5日 - 2014年7月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • ミャンマー・シャン州ナムサンにおける山地民パラウンの越境と仏教実践の独自性

    小島敬裕

    東南アジア学会第91回研究大会  東南アジア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月7日 - 2014年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:南山大学  

  • Movement of Buddhists between China and Myanmar

    Takahiro Kojima

    International Workshop on Reconsideration of the Historical and Contemporary Land-route Connection between South Asia and South East Asia  Center for Southeast Asian Studies

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto University  

  • Tai Buddhist Practices and Cross-boundary Dynamics on the China-Myanmar Border

    Takahiro Kojima

    JSPS Asian Core Program Final Workshop: Interface, Interaction and Negotiation  Center for Southeast Asian Studies

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月10日 - 2014年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto University  

  • Tăi Buddhist Practices on the China-Myanmar Border

    Takahiro Kojima

    Myanmar from the Margins  Institute of Southeast Asian Studies

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月14日 - 2013年11月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore  

  • 中国・ミャンマー国境の地域社会と徳宏タイ族の仏教実践

    小島敬裕

    ワークショップ『多様な境界線とマイノリティ―中国語圏の事例の検証』  エスニック・マイノリティ研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東方学会  

  • Theravada Buddhism and Interethnic Relations: Local Practices of the Shan and Palaung of Northern Myanmar

    Takahiro Kojima

    8th International Convention of Asia Scholars  International Convention of Asia Scholars

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月24日 - 2013年6月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Venetian Macau Resort, China  

  • Mapping Practice of Thravadin in Dehong, Yunnan, China

    Takahiro Kojima

    Mapping Practices among Thravadin of Southeast Asia in Time and Space  Center for Integrated Area Studies, Kyoto University

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月26日 - 2013年2月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chulalongkorn University, Bangkok  

  • Cross-boundary Dynamics and Local Buddhist Practices on the China-Myanmar Border: A Case of Tăi Dehong, Yunnan

    Takahiro Kojima

    Asian CORE Workshop Interface, Negotiation, and Interaction in Southeast Asia  Center for Southeast Asian Studies

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月22日 - 2013年2月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:kyoto University  

  • Change and Continuity of Tai Buddhist Practices On the China – Myanmar Border: A Case from Dehong Prefecture, Yunnan

    Takahiro Kojima

    111th American Anthropological Association Annual Meeting  American Anthropological Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月14日 - 2012年11月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco Hilton Union Square, U.S.A.  

  • 中国雲南省徳宏州における仏教実践の断絶と再構築

    小島敬裕

    日本文化人類学会第46回研究大会  日本文化人類学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月22日 - 2012年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学  

  • Tai Buddhist Practices between China and Myanmar: A Case in Dehong Prefecture, Yunnan

    Takahiro Kojima

    Asian CORE Program Seminar, Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University, Interface, Negotiation, and Interaction in Southeast Asia  Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月28日 - 2012年2月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Academia Sinica, Taipei  

  • Buddhist Practices in Dehong Prefecture, Yunnan, China

    Takahiro Kojima

    Joint Conference of the Association for Asian Studies & International Convention of Asia Scholars  Association for Asian Studies & International Convention of Asia Scholars

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月31日 - 2011年4月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hawai’i Convention Center, U.S.A.  

  • 中国・ミャンマー国境地域の仏教実践と宗教政策―徳宏タイ族の事例から

    小島敬裕

    東南アジア学会第83回研究大会  東南アジア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月4日 - 2010年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東洋大学  

  • 中国雲南省における徳宏タイ族の宗教と社会―国境地域の仏教徒の実践をめぐって

    小島敬裕

    日本文化人類学会近畿地区研究懇談会2010年度博士論文発表会(立命館大学)  日本文化人類学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学  

  • 中国雲南省における徳宏タイ族の宗教実践と国境の地域社会

    小島敬裕

    東南アジア学会関西地区4月例会  東南アジア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • Shamanism and Buddhism in Dehong, Yunnan: The Practices of Tai Shamans, Tsău Lang, Tsău Tsai and Ja Mot

    Takahiro Kojima

    Doctor of Philosophy Program in Social Science: Religion and Social Change in Asia  Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiang Mai University  

  • 中国・ミャンマー国境地域の仏教実践―徳宏タイ族の事例から

    小島敬裕

    第5回松下国際スカラシップフォーラム  松下幸之助記念財団

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学  

  • 中国雲南省徳宏地域における上座仏教―地域間比較研究の視点から

    小島敬裕

    パーリ学仏教文化学会第23回学術大会  パーリ学仏教文化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月29日 - 2009年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高野山大学  

  • 中国雲南省徳宏地域におけるタイ族の上座仏教―在家信者中心の実践をめぐって

    小島敬裕

    第79回東南アジア学会研究大会  東南アジア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月7日 - 2008年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学大学院人間科学研究科  

  • ミャンマーの仏教制度と地域における仏教実践

    小島敬裕

    第312回東南アジア史学会関西地区例会  東南アジア史学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学文化交流センター  

▼全件表示

受賞

  • 大同生命地域研究奨励賞

    2017年7月   大同生命国際文化基金  

    小島敬裕

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 声の実践によるテキスト共同体ー東南アジア大陸部の仏教写本をめぐる宗教実践

    2019年04月 - 現在

  • 体制移行の比較解剖学

    2019年04月 - 現在

  • 「体制移行」の比較解剖学:グローバリズム下の社会レジーム再編に関する総合的研究

    研究課題/領域番号:19H00559  2019年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    小林 知、坂本 龍太, 小島 敬裕, 安藤 和雄, 矢倉 研二郎, 井上 浩子, 本間 香貴, 松田 正彦, 山田 裕史, 上田 達, 宮本 万里, 百村 帝彦, 福武 慎太郎, 中西 嘉宏, 上田 晶子

      詳細を見る

    1990年代前後に政治体制の移行を果たしたなかで、民主主義体制と市場主義経済を導入し、それらをグローバルな規準とする世界規模の政治経済のアリーナへ接合されたアジアの国々のなかから、カンボジア、ミャンマー、東ティモール、ブータンを例にとりあげ、その社会と環境および住民の価値観の変動の諸要素からなる社会レジームの再編に関する分野横断的な共同研究を実施する。それにより、体制移行のプロセスや個別の文化伝統からなる個別性と、事例を超えて共通した普遍的特徴を明らかにすると共に、各国の体制移行の歴史的動態の意義を、先進国を含めた人類社会の発展史のなかに位置づけて考察する。

  • 声の実践によるテキスト共同体―東南アジア大陸部の仏教写本をめぐる宗教実践

    研究課題/領域番号:19H04351  2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    村上 忠良、小島 敬裕, 池田 一人, 和田 理寛

      詳細を見る

    本研究は、東南アジア大陸部の仏教徒諸民族の仏教実践を、彼らが継承してきた仏教写本をめぐる諸実践の分析を通して明らかにするものである。これまでの聖典・経典論の中で議論されてきた、①「宗教実践の中の経典」、②「声と文字の輻輳」、③「写本が創る共同体」の問題系の上に、写本朗誦によって形成される「テキスト共同体」の概念を使い、仏教写本をめぐる「声」と「文字」の関係性の分析を行う。特にローカルな言語で書かれた仏教写本の朗誦実践に着目することで、パーリ経典を共有する上座仏教という「聖なる共同体」が、仏教写本の朗誦によって作り出されるローカルな「共同体」によって、複数化されていく過程を明らかにする

  • ゾミア2.0 :「東南アジア」と「南アジア」の境域における開発・民族・宗教

    2018年04月 - 現在

      詳細を見る

    基盤研究(A):研究分担者

  • アジアの冷戦と女性たちの経験―転換期における地域・アクターの視点から

    2018年04月 - 現在

      詳細を見る

    基盤研究(C):研究分担者

  • ゾミア2.0 :「東南アジア」と「南アジア」の境域における開発・民族・宗教

    研究課題/領域番号:18H03599  2018年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    今村 真央、小島 敬裕, 池田 一人, デスーザ ローハン, 高田 峰夫, 藤田 幸一, 倉部 慶太, 木村 真希子, 大塚 行誠

      詳細を見る

    初年度はまず本研究プロジェクトの意味と意義を確認し、グループ全体としての以下3点の方針・方向を決定した。①分担書・協力者は、各自の研究の「問い」を随時アップデートするとともに他のメンバーと共有すること、②事例調査の比較・統合に積極的に取り組むこと、③大きな仮説やパラダイムの提示、研究方法論等での貢献を積極的にめざすこと。
    本プロジェクト・チームは農村経済学、文化人類学、歴史学、地理学、言語学、社会学など様々な学術分野の研究者によってから構成されている。そのためフィールドを共にしていても、研究の問いが大幅に異なるということが頻繁に生じる。しかし分野が異なっているからこそ共同研究から発見が生まれてくることがあり、本プロジェクトはまさしくこの効果を狙っている。インド・バングラデシュ・ミャンマーに関するパイオニア的研究として軌道に乗せるため、国内外の関連する研究ネットワークとの連携や、重要文献の共有などプロジェクトの基盤整備を戦略的的に進めた。
    国内外とのネットワーク構築においては、ミャンマー研究とインド・バングラデシュ研究所の間の断絶が予想よりも深いことが本プロジェクトにとって一つの発見であった。ミャンマー研究はこれまでタイ、ラオス、中国(雲南省)など東と北側の隣国との関係には注目してきたが、インド・バングラデシュという西側への関心が希薄である。インド・バングラデシュ研究も同様に、パキスタンなど「南アジア」という枠組みの内では比較研究や国境地域研究が盛んに行われてきたが、ミャンマーへの視点が決定的に欠けている。これはミャンマーに隣接するインド東北部に焦点を当てた研究においても顕著な傾向である。この断絶は近現代になってつくられたものなのか、それとも断絶こそが長い間この山地国境地帯の基本的な状況であったのか今後解明していく。
    当初は、ウェブサイトの構築やドローンの活用といった技術的な側面を初年度の主な活動と見込んでいたが、長期的維持体制や予算へのインパクトを考慮し、国内外の研究ネットワークとの連携に力を注ぐよう方向転換した。その結果、研究者を招聘するシンポジウムを複数回開催した。5月には国内研究組織「ボーダースタディーズ」と共催で、比較研究の枠組みを議論するシンポジウムを開催した(山形大学)。6月にはインド北東部研究の第一人者である、ネルー大学教授Joy Pachuau氏を招聘し研究会を開催した(津田塾大学、京都大学)。10月には「宗教と境域」というテーマで公開シンポジウムを開催し、本研究プロジェクトからも5名が報告・コメントした(北海道大学)。同時に先行研究のレビューを進め、来年度以降に招聘予定の国外研究者を選び、本プロジェクト独自のネットワーク形成に着手した。これら一連の会合での議論を通して、既存の研究における問題点を洗い出すことができた。
    5年プロジェクトの2年目における大きな目標は、以下の3点である。①国境の形成経緯および国境線の影響を調査する必要がある。現時点では、この国境地域の研究は、インド、バングラデシュ、ミャンマーと国別に分けられている。この分断の形成そのものを分析していく。② 可能な限り、複数のメンバーによるフィールド訪問を実施したい。国境地域では移動が極めて不便で、複数の国を訪れることが往々にして難しいが中期・長期的には、越境して、複数の場所に慣れ親しんでおくことの効果はとても大きい。研究者がフィールドをお互いに紹介し合うことで、チーム・プロジェクトとしての強みを生かし、全体としての学習・研究効果を高めたい。個別の研究の寄せ集めではなく、新たな発見は難しいかもしれないが、フィールド体験を共有することによって新たな発見が生まれてくる可能性は高まる。③ 単発的な会議だけではなく、国外研究者との連携を強化し、対話が持続する関係を築きたい。国際的プラットフォームを構築したい。この目標に向けて来年度に(できればミャンマーで)国際シンポジウムを開催したい。その結果を、ワーキング・ペーパーとして発表するという流れを想定している。

  • アジアの冷戦と女性たちの経験ー転換期における地域・アクターの視点から

    研究課題/領域番号:18K11904  2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    朴 正鎮、金 美恵, 小島 敬裕, 三澤 健宏, 坂元 ひろ子, 山下 靖子, 水谷 明子, 村上 尚子

      詳細を見る

    本研究は、冷戦初期のアジア各地域(沖縄、朝鮮半島、中国、日本、ミャンマー)の女性たちの経験に焦点を当て、各地域・地域間での国境を越える移動を伴った生活史・実態について、個人史、インタビューなどを通じて明らかにする。女性たちの経験、記憶、そこから培われた認識について記録し、分析・考察することによって、彼女たちが生きてきた地域の戦後、そして冷戦が、女性たちの生活をどのように規定したのか、その中で女性たちはどのように主体的に生きようとしたのかを解明する。同時に、「分断」状況にあった地域の特徴、冷戦初期における国際関係と各地域の政治・経済・社会の状況について、女性の視点から地域横断的に考察・議論し、転換期にジェンダーの果たした役割を地域横断的に議論する。
    初年度にあたる2018年度は、問題意識を共有し、それぞれの地域に特有の戦後の状況を確認するため、定期的に研究会を行なってきた。同時に、各自の研究テーマの方向性を明確化し、研究体制のあり方と今後の進め方についての話し合いを重点的に行った。
    具体的には、下記の通り、4回の研究会を開催した。
    2018年5月20日(津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス、以下同):研究の進め方、共同企画についてディスカッションを行なった。9月15日:朴正鎮報告 朝鮮半島における戦後の引揚げ、その後の日本人妻・家族の問題についてディスカッションを行なった。12月22日:鈴木久美著『在日朝鮮人の「帰国」政策ー1945~1946』(緑陰書房、2018年)を中心に、著者・鈴木久美氏と宮本正明氏にお越しいただき、朝鮮半島・日本の冷戦について、「帰国」政策から考察・議論する公開合評会(近現代東アジア研究会との共催)を行った。2019年3月17日:メンバー各自の研究課題について進捗状況と今後の研究・調査計画について報告、次年度以降の共同企画についてディスカッションを行なった。
    2018年度は、各研究メンバーがそれぞれ課題としている冷戦初期のアジア各地域(沖縄、朝鮮半島、中国、日本、ミャンマー)における研究蓄積を精査し、先行研究を整理した。その上で、改めてこの時代の体験者、またはその体験を知る関係者に直接インタビューを行う、またはインタビューにつながる準備を行った。研究課題・地域によって、進捗状況は異なるが、全員が翌年度以降の調査・研究に向け、オーラルヒストリーと文献史資料の関係を確認し、調査・分析・考察上の課題を明確化することができた。
    定期的に行われた研究会では、研究会内外の研究者による講演・発表が積極的に行われ、特に、(1)冷戦の形成が、アジアにおける女性たちの移動の経験、そこにおける国際関係とどのような関わりを持ったのか。(2)冷戦初期における女性たちの経験は、それぞれの地域のジェンダー認識にどのような影響を及ぼしたのか。(3)それぞれの地域の文脈と比較の視点を活かし、地域的特徴を横断的に分析・議論する上で、どのような方法論的課題・可能性があるのか。以上3点の本共同研究の特徴的論点が、それぞれの研究・議論の中で具体化され、学際的な実証研究として分析・考察された。その中で浮かび上がってきた課題を、次年度以降の各調査・研究、研究会・シンポジウムなどを通して更に追究していくことによって、各研究課題と共同研究全体の共通課題が、相互反復作用を行いながら進展していくことが期待される。
    今後の進め方については、以下のように予定している。
    2019年度については、研究メンバー各自がそれぞれの研究課題に向けて、調査・研究を行うことに加え、数回の研究会の開催を予定している。そのうち一回は、研究分担者数名の対象関連地域である沖縄において、本共同研究と接点のある課題を研究している沖縄の女性史研究者チームと合同でシンポジウム形式の研究会を行うことを計画している。沖縄の女性史研究の課題には、冷戦期のアジアにおける女性の移動・移動を伴う経験と記憶を取り扱う上で、他の地域との接点・共通点・関連性が多い。外部研究者による講演、コメント、場合によっては、本共同研究とは異なる方法論・分野の専門家によるレクチャーを受けて、研究内容を深化することが期待される。また、数名の研究メンバーがそれぞれの研究分野における学会での報告・発表を計画している。本共同研究内外からのコメント、フィードバック、研究交流を更に活発にしていくことにより、各研究の課題と同時に本共同研究における議論が進展することを想定している。
    2020年度については、研究メンバー各自がそれぞれの研究課題を研究報告・発表・論文執筆の形でまとめていくことと同時に、数回の研究会を予定している。そのうちの1回は、本共同研究の総括として、研究メンバーが論考について報告を行いながら、互いにコメント・フィードバックを行う。場合によっては外部コメンテイターを招くことも想定している。また、この研究会での報告、ディスカッションを中心に、その後、論文集を作成していくことを次期共同研究の課題として具体化していく。

  • 中国と東南アジアにおける政治経済的変容と女性の移動

    2018年04月 - 2020年03月

    京都大学東南アジア地域研究研究所  国際共同研究 

  • 雲南・カチン・アッサム回廊ー中国、ミャンマー、インドは繋がるか

    2017年04月 - 2019年03月

    京都大学東南アジア研究所  国内共同研究 

  • 東南アジア大陸部宗教研究の新パラダイムの構築

    2016年04月 - 現在

    政府機関 

      詳細を見る

    基盤研究(A):研究分担者

  • 東南アジアにおけるLGBTの比較政治研究

    2016年04月 - 2019年03月

    政府機関 

      詳細を見る

    基盤研究(B):研究分担者

  • 東南アジア大陸部の被戦争社会の変容とレジリエンス

    2015年04月 - 2019年03月

    政府機関 

      詳細を見る

    基盤研究(B):研究分担者

  • 声と文字をめぐる宗教実践の研究―東南アジアと隣接地域の比較

    2015年04月 - 2018年03月

    政府機関 

      詳細を見る

    基盤研究(B):研究分担者

  • 「多様なやりとり」にみる現在の「ゾミア」ー異なる政治経済体制下での比較研究

    2015年04月 - 2017年03月

    京都大学東南アジア研究所  国際共同研究 

  • 東南アジアにおけるセクシュアリティの比較政治研究 ─民主化とグローバル化時代の性的マイノリティ

    2015年04月 - 2017年03月

    京都大学東南アジア研究所  国内共同研究 

  • 仏教をめぐる日本と東南アジア地域-断絶と連鎖の総合的研究

    2015年04月 - 2016年03月

    京都大学地域研究統合情報センター  国内共同研究 

  • <宗教=社会複合マッピング>からよむ大陸部東南アジア仏教徒社会の動態と変容

    2014年04月 - 2018年03月

    政府機関 

      詳細を見る

    基盤研究(A):研究分担者

  • 現代ミャンマーにおける宗教政策と地域の仏教実践

    2014年04月 - 2016年03月

    政府機関 

      詳細を見る

    日本学術振興会特別研究員奨励費

  • 宗教実践の時空間と地域

    2013年04月 - 2016年03月

    京都大学地域研究統合情報センター  国内共同研究 

  • 移動と宗教実践―地域社会の動態に関する比較研究

    2013年04月 - 2015年03月

    京都大学地域研究統合情報センター  国内共同研究 

  • 「功徳」をめぐる宗教実践と社会文化動態に関する比較研究-東アジア・大陸東南アジア地域を対象として

    2013年04月 - 2015年03月

    京都大学地域研究統合情報センター  国内共同研究 

  • 内陸部東南アジアの「被戦争社会」の変容とレジリエンス

    2013年04月 - 2015年03月

    京都大学東南アジア研究所  国内共同研究 

  • 宗教実践における声と文字―東南アジア地域からの展望

    2013年04月 - 2015年03月

    京都大学地域研究統合情報センター 

  • 上座仏教徒社会の国家と地域の実践に関する研究―現代ミャンマーを中心に

    2011年04月 - 2015年03月

    政府機関 

      詳細を見る

    基盤研究(C):研究代表者

  • 亡命の政治学―権力の国際的基盤をめぐる比較研究

    2011年04月 - 2013年03月

    京都大学東南アジア研究所  国内共同研究 

  • 功徳の観念と積徳行に関する地域間比較研究

    2011年04月 - 2012年03月

    京都大学地域研究統合情報センター  国内共同研究 

  • 内陸アジアの宗教復興―体制移行と越境を経験した多文化社会における宗教実践の展開

    2010年04月 - 2012年03月

    国立民族学博物館  国内共同研究 

  • 聖なるもののマッピング

    2010年04月 - 2012年03月

    京都大学地域研究統合情報センター  国内共同研究 

  • 映像実践による現代宗教復興現象の解明を通じた地域研究手法の開発

    2009年04月 - 2010年03月

    京都大学地域研究統合情報センター  国内共同研究 

  • 大陸部東南アジア仏教徒社会の時空間マッピング―寺院類型・社会移動・ネットワーク

    2008年04月 - 2011年03月

    政府機関 

      詳細を見る

    基盤研究(A):研究分担者

  • 大陸部東南アジア仏教圏の文化実践の動態をめぐる時空間の位相

    2008年04月 - 2009年03月

    京都大学地域研究統合情報センター  国内共同研究 

  • 中国雲南省徳宏における宗教と社会変容の地域間比較研究

    2005年09月 - 2007年11月

    民間企業  一般受託研究 

      詳細を見る

    松下アジアスカラシップにより、中国雲南民族大学に留学。

▼全件表示

その他研究活動

  • 書評:下條尚志著『国家の「余白」――メコンデルタ 生き残りの社会史』

    2022年01月

     詳細を見る

    『東南アジア研究』59(2):343-346.

  • 書評:大澤広嗣著『戦時下の日本仏教と南方地域』

    2017年05月

     詳細を見る

    『近代仏教』24:128-132.

  • 書評:藏本龍介著『世俗を生きる出家者たちー上座仏教徒社会ミャンマーにおける出家生活の民族誌』

    2016年05月

  • 書評:飯國有佳子著『現代ビルマにおける宗教的実践とジェンダー』

    2013年01月

     詳細を見る

    『東南アジア研究』50巻2号:319−322

  • 山地民・平地民の境界を越える上座仏教ー中国・ミャンマー国境地域におけるタアーン族と徳宏タイ族の事例から

    2010年04月
    -
    2013年03月

     詳細を見る

    基盤研究(A)『東南アジア大陸部における宗教の越境現象に関する研究』研究代表者:片岡樹

  • 現代ミャンマーにおける仏教の制度再編ー「1980年全宗派合同会議」後の仏教と国家

    2003年04月
    -
    2006年03月

     詳細を見る

    基盤研究(A)『東南アジア大陸部・西南中国の宗教と社会変容ー制度・境域・実践』研究代表者:林行夫

▼全件表示

研究活動を目的とした海外渡航

  • 2019(年度)、 タイ、ミャンマー、台湾 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2018(年度)、 ミャンマー、インド、マレーシア、台湾 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2017(年度)、 ミャンマー、タイ、ベトナム、インド 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2016(年度)、 ミャンマー・ラオス・カンボジア・ネパール 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2015(年度)、 タイ・中国・ミャンマー・オランダ・イギリス・フランス 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2014(年度)、 ミャンマー・中国 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2013(年度)、 中国・シンガポール・ミャンマー 、1ヶ月未満 、科学研究費補助金

  • 2012(年度)、 タイ・ミャンマー・アメリカ 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2011(年度)、 中国・ミャンマー・アメリカ 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2010(年度)、 中国・ミャンマー 、1ヶ月未満 、科学研究費補助金

  • 2009(年度)、 中国 、1ヶ月未満 、科学研究費補助金

  • 2008(年度)、 中国・タイ 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2007(年度)、 中国 、1ヶ月以上 、松下国際スカラシップ

  • 2006(年度)、 中国 、1ヶ月以上 、松下国際スカラシップ

  • 2005(年度)、 中国 、1ヶ月以上 、松下国際スカラシップ

  • 2004(年度)、 ミャンマー・中国 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

  • 2003(年度)、 ミャンマー 、1ヶ月以上 、科学研究費補助金

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 映画『僕の帰る場所』解説

    役割:講師

    静岡県立大学グローバル・スタディーズ研究センター  映画で知ろう!移民・難民Ⅱ  2021年2月20日

  • 特別シンポジウム「私と宗教:調査者は上座部仏教とどう向き合ってきたか」

    役割:パネリスト

    松下幸之助記念志財団  第16回松下幸之助国際スカラシップフォーラム  2020年10月24日